ビジネススタイルで変わる流量計|自社にベストなマシンを見つけよう

メンズ

掘削した土の処理

女性

建設業界や土木業界、さらに砕石業界が行わなくてはいけないのが残土処理です。残土処理とは、工事現場で掘削した土を現場から排出して適切に処理をすることをいいます。特に新築住宅を建てる際は、基礎工事をする必要があります。建物が大きな地震でも崩壊しないように地下から支える支柱を埋め込む工事です。この工事をするためには多くの土を掘削しないといけません。掘削された土の中には、小石や大きな岩も混ざっています。また、鉄くずやコンクリートも混ざっていることがあります。このままでは産業廃棄物になってしまうので、しっかりと処理をする必要があるのです。

無駄なコストを抑えるためにも残土処理は必要です。産業廃棄物となった掘削された土を毎回処分していくことは、莫大な費用が必要です。企業の売上げを圧迫する可能性もあります。余計なコストを削減するためにも残土処理をする必要があるのです。

コストを抑えて掘削した土を処理するためには、土質改良機やふるい機などの特殊機械を活用してリサイクルすることが大事です。土の中に含まれている岩や鉄くずを分別して、土の品質を改良します。分別された岩や鉄くずはそれぞれ処分場に運搬されていきます。残っているのは土質を改良した土です。この土を盛土や埋戻し工事の再利用することができます。

さらにコストを抑えて残土処理をしたい企業は、土質改良機やふるい機などの特殊機械をレンタルしている業者を探しましょう。さらに掘削した土の処理を代行している業者に委託するのも有効な手段です。