ビジネススタイルで変わる流量計|自社にベストなマシンを見つけよう

メンズ

現場に搬入することができる

作業員

土質改良機という重機は建築現場や工事現場で活躍しています。ですが、一般の人は知らない人が多いでしょう。ショベルほど有名ではありませんが、建築現場では非常に重要な重機です。ショベルは穴を掘ったり、土をトラックに移す時に使用します。土質改良機は、現場で掘削した土の品質を改良するために使用します。工事現場の土は全てが高い品質とは限りません。中には油や岩などの不純物が混ざった土も存在しています。土の品質を改良することで、再利用することが可能になります。新たに土を購入するコストを抑えることができるので建設業界では欠かせない重機の1つになっています。

土質改良機には工事現場に運搬できる自走式の物もあります。自走式だといろんな現場に搬入して、品質の悪い土を改善することができます。土質改良機は走ることが仕事ではないので、スピードは出ませんが運転席があり操縦することができます。ホッパーと呼ばれている物に改良したい土をショベルで入れていきます。そうすると、前方のベルトコンベアからは改良されて再利用することができる土が排出される仕組みです。1台現場にあるだけで非常に便利です。

建設業界では欠かせない重機ですが、企業が購入しようとしたら高額な費用が必要になります。そのため、現在はレンタルすることが主流です。自走式土質改良機が必要になった現場に搬入して、掘削した土や品質を改善したい土を改良します。レンタルをすることで購入するコストを抑えることができますし、保管スペースを確保する必要もありません。レンタルをすることで建設業界に携わる企業にとって沢山のメリットがあります。